2005年09月15日

バッタ君街に行く

町田の商店街どまんなかに大きなバッタがいました。
踏まれるとカワイソウなので、帽子に止まらせて緑のある地で放した。

「街にも興味があったので出かけたけど、どうも殺伐としていけないね。 あら、ここが終点ですか? そうですか? そんではまたいつか?」といって、のそのそ帽子から木の枝に移っていきました。

「お礼にバッタのジャンプ力をあげましょう」とか言われたら、どうしよう。
ビルとか一跳びかな? というかウカツに跳ねたら20m位跳んじゃって、高所恐怖症の自分はどなるのか?
それともバッタのジャンプ力。もらったはいいが身長比じゃなくて単にバッタ実寸のジャンプ力で貰っても貰わなくても結果はあまり変わらないという話はどうかな?・・・とか。

という様なことを想像しながらバッタを運んでいました。


というようなどうでもいい話をダラダラ書く日記はどうも、ウサギ王予備役の人の日記みたいかな?とか更に考えつつ仕事場まで歩いてきました。

本格的にどうでもいい話です。
posted by umoon at 13:41| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バッタを助けていただき、ありがとうございます。
お礼は、ひざの裏に耳を付けてくれるかも
しれないです。


明日、よろしくお願いします。
Posted by イワサワ at 2005年09月15日 14:59
ひざの裏に耳

とくにいい事なさそうな特典ですね。w
Posted by うもりも at 2005年09月15日 21:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6947808
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。