2004年08月17日

音ゲームのムービーの反省文

昨日(一昨日?もう日付が判らない)
納品した音ゲームのムービー。

たぶん自分の中で最短記録の作成時間。
2分なのですが、キャラクター3体、複雑な動くようなメカっぽい背景一つ、小物がいくつか、モーフしてリップシンクして、編集、合成、キャラクターが唄って踊ってアニメーションして、ちょとしたエフェクトもあって・・・。
ほとんど一人で全てやってアニメーションで3日、モデリングで4日。一週間。(リップシンクだけみにっぱさん)

LWのヨクナイ処を最近気になって仕方ないのだけど、あたりまえだけどLWでもこれくらいできるようにはなってるということなんだろうなぁ・・・。(最近モーションミキサーを多用しています。)
要は求めるレベルが上がっちゃってるのかもしれません。
これくらい出来て当然とか思っちゃってるのだと。

逆に自分が仕事でそういう風に「これくらい出来て当然」という求められる仕事のレベルになってしまっているので、使う道具にもそれが反映してるのかも。
昔はCGというだけでよかったけど、今はそういうわけでもないので、道具としての洗練に向かっているののかしら?

ちなみにムービーはもっと静止画を多用した簡単な形式も出来なくはなかったのですが(完全お任せ仕事に近かったので)、ついキャラクターがフルにバリバリ踊って唄ってのものにしてしまいました・・・・。
値段を考えればとるべき方法ではなかったのかもしれませんが、発注の六本木ヒルズのゲーム会社さんの担当さんに前にエポケ見ましたとか言われちゃったし、直接のいつもお世話になってる担当さんへの日頃の御恩もあったので、フルパワーで向かってしまいました。

でも作ったものに後悔してないし、つくってよかったと思ってるのでそれはそれでヨシかもしれません。

お仕事ってやるたびに、ちょっとずつうまくなっていきますよね。
たぶん元がヘタッピだから、こういう喜びや楽しみがあるのでしょう。それがまたモチベーションに繋がるという。
下手は下手なりにいい事があるのです。
(下手とはいってもそれなりにはできているのですけど、やっぱり周りの知人友人に達人さまが多いので、そこに追いつこうとすると中々ね。)
posted by umoon at 19:12| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。