2004年08月08日

サッカーアジア大会

まぁ色々あったのですが、色々あったからこそ、あんなに手に汗握る息詰るようなゲームが見れたわけで。激辛スパイスみたいなものですね。

というかスポーツをこんなに心待ちにしてみたのは始めてかも。
今まで見たことのない大アウェイ状態での勝利。
まさしく一触即発の暴動一歩手間のテンションの中での試合。
すごかった。まさしくこれが国際試合!という感じでした。
たとえ負けても、そのガッカリ感がまた次への強烈な味付けになるような気もした。高揚と落胆の差が激しい方がスポーツ鑑賞としては最高の醍醐味、

サッカーの試合の前にちょっとだけみたキューバとの試合もみました。しきりに”長島ジャパン”と連呼してるの強い違和感を覚えた。だって長島でてないジャン。(監督もしてないし。)
ちょと「野球オワッタ・・・・」と感じた。
posted by umoon at 09:38| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。