2005年04月22日

ヴァニシングポイント

VP.jpg
これは一昨昨日亡くなった奥山さんの九段下effect時代の回想録。
小説と銘打ってるけど、ほぼ実話。
ジブンと同業種ならリアルタイムで見てた事だと思うので、相当リアルに感じることができるハズの話。
ちなみにこの舞台になってるあの会社の人々はこの本にどんな印象をもつだろう・・・。


また違う話。
あの時渦中にいたとき「ああ、これってCGバブルだよね・・・」と思ったけど、
振り返えって見ても、やっぱりまごうことなく「バブル」だったんだな・・・と。

ちなみにジブンは80年代後期の巨大バブルとは全く関係なく生きていたけど、
そのあとのCGバブル、ITバブルの恩恵はあったハズ。
これから恩恵があるのは中国バブルなのか?(マダよくわからないけどね。)

こうして人は時代時代を体験して生きていくわけだね。

なんだかワケも無く悲しい気分になってきたヨ。
posted by umoon at 23:58| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おかいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3104916
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。