2005年02月11日

さいきんのマンガいくつか

五十嵐大介 「魔女2」
1巻の最後にでてきた司祭がでてくるのね。これ文化庁メディア芸術祭の賞とってるのね。
すばらしいです。言うことなし。
諸星大二郎と星野宣之をたして、宮崎駿をちょとフリカケた感じ。(でも総体的にはこの人
独自の絵)
魔女をテーマにするあたりが星野宣之の「妖女伝説」みたいで、もうツボに嵌りまくり。
この人は大きな作品も小さな作品もこなせる力がありそう。すばらしい。


桜玉吉
これは前のとおりなんで。


「極道一直線」
多分、好き嫌いが分かれそうなマンガ。 「げげんちょ。」
あまり他人にお勧めしません。w


西原恵理子 「上京ものがたり」
反則っす。w
地方から来るクリエーターさん志望の女の子は全員必読の書かも。
いまウサギ王除隊してるDめさんがいたら真っ先に貸したい。w
せ☆のさんにもオススメっす。


福島聡 「機動旅団八福神」
ちょと期待はずれ。
平和憲法で戦わずして中国に占領された日本の軍隊(米軍と交戦中)の話。
ちょっと一巻じゃまだストーリーが始まってなくてよくわかりませんでした。
これもジャケ買い。


岩岡ヒサエ 「しろいくも」
超絶封印中。 これも禁じ手でしょう。 ずるい。
泣き易いからこれは封印。 いまこれ書いてる時点で思い出し泣きモード。
(一回しか読んでないのに。w)
あまりに泣きに徹している表題作を先に読んじゃたので、他が読めてません。
(それも電車の中で読んだんだよね。)
絵柄的にはすごく好き。 これはジャケ買い。
posted by umoon at 00:54| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おかいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1899769
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。