2006年05月16日

【ビンテージ】誰が基準をきめるのか?【PSE】

2006年03月14日

あの〜誰がどんな基準でビンテージとか扱いに慣れたマニアってきめるんでしょうか・・・・。
こんないい加減な法律ならやめちゃえばいいのに。
お役人のクソバカ加減(失礼!)が信じられない。
つーか利権のためにはバカに見られるのを承知で無理を通すってことなんでしょうね・・。
バカに見られてもお金が欲しいと・・・・・。

まぁ、判らないでもないけどね・・・・・。
でもそんなののトバッチリはゴメンだなぁ・・・・・。

----------------------


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060314-00000053-mai-bus_all

<PSEマーク>「ビンテージもの」規制対象から除外に

 国の安全基準に適合することを示す「PSE」マークがない一部家電製品の販売が4月から禁止される問題をめぐり、二階俊博経済産業相は14日の閣議後会見で、希少価値の高い中古電子楽器などを規制対象から事実上外すなどの負担軽減措置をとることを明らかにした。リサイクル業者や音楽愛好家などから強い反発が出ていることに配慮した。ただ、経過措置の延長については重ねて否定した。
 事実上の適用除外になるのは、ギターアンプなどの音響機器や、電子楽器、写真用機材、映写機などのうち「ビンテージもの」と呼ばれる希少価値の高い中古機材。これらを取り扱いに慣れたマニアに販売する場合には、PSEマークがなくても簡単な手続きで売買できるようにする。
 また、リサイクル業者などがPSEマークを取得しやすくするため、民間団体と協力して全国500カ所で検査を受けられる体制を整備する。【坂井隆之】
posted by umoon at 21:45| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17899998
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。