2004年12月20日

PVをつくるって・・・(合評会にでて)

生徒さんの合評会にいきました。
今回はCGのコースだけでなく、PV/CMのコースと合同の合評会でした。

いや〜、正直苦手なの。PVのコースと一緒って。
実写だとCGより情報量多くて、同じ期間学んだ生徒さんの作品だとどうしても見劣りするんですよ。
(だってCGってカメラ、ライト、構図、さらにはデザインしてモデリングして、コンテも描いて・・・ってすごい量を一人でこなさなきゃならないじゃないですか。)
そうするとね、PVのコースの講師様から「ふっ所詮CG・・・、この程度。」とか「CGの講師ってキチンと教えてるの?」とか思われるのがイヤでねぇ。(って、そんなコトは全然思ってないでしょうけど。単に取り越し苦労の自意識過剰なのはよく判ってるけど。)

で、今回。

正直安心するほど出来がよかったです。(いや、CG的にはまだ改善点も多いのですが)
構成、構図、編集、文字の扱いと比較的安心して見てられる出来で。
逆に実写の生徒さんsの基本的な部分に???が多かったので「なんで?」という疑問も。
ありがとう、うちの生徒さま、ツマラナイ見栄なので、ホントはどうでもいいのですがありがとう。
きみたちゃ知識というよりもっと基本的な部分で意外ときちんとしたセンスありますよ。自信持ってくれたまへ。(ってこんな取り越し苦労でビビってる人のいうことの信憑性は薄いかもしれませんが。w)

実写の生徒さんの講評はCGの講師には求められないので、ここでその日の感想を書いてみました。(おもにうちの生徒さんと実写というお題で。)
PV・CMコースの各々の作品にも「ああ、なんでアレなんだろう?」とか「ええっ、そこをそうするの?」とかあったりもするのですが、それこそ、そんな部分は担当の講師さまがアドバイスする部分なんで、ここでは語らズ。
posted by umoon at 22:16| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1348327
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。