2005年11月25日

学校いろいろ。

キャラデザインという曖昧なジャンルを生徒に教える役をやっているのですが
生徒さん方は各々の引き出しがどれだけあるのかチト不安。

というかみんなナニ読んだり見たりしてるんだろう。
そろそろ自分が常識と思ってるネタが生徒はしらないことの方が多そうな・・・。
いま平成17年だから、ハタチ位の子は昭和天皇をしらんかったりする訳だよね。
同じようにコレは知ってて当然と思うマンガやアニメもしらんかったりするわけだよね。

共通言語がそろそろ成り立たないような気も・・・。
元々彼らが見たり読んでる絶対数が少ないような気も・・・。(どうなんだろう)
でも逆に彼は知ってて自分が知らないっていうのもあるのかな?

彼らの目標の水準はどこにあるんだろう。
深夜アニメで結構スゴイのを見たりするけど、あのレベルでいいと思ってたりするのかな?
(この間みたアニメはほんと凄かった。公共の電波に載せていいレベルじゃなかった。あれOKなら深夜の繁華街のの監視カメラ映像を流したほうが面白そうな気がする。)
それとも意外と言わないだけでキッチリ確固たる目標があるのかな?

かれらはどうしたいのだろうか。
言葉少ない彼らの内を探すのは楽しくもある。
彼らの描く絵を手がかりに推測するのは非常に難解なパズルのようで面白い。
来年もやらせてもらえるならやってみたい。自分自身の考える糧になっている。
実はあの学校で一番学んでいるのは自分なのかも。

前からやってる学校はわかりやすい。
だらか就職率もいいし、紹介もしやすい。
ほんとに真っ当に学校の目的がはっきりしてるし機能もしてる。
いい学校だと思う。
でも来年はようやっとお役御免で満期終了の予定。

もうひとつの学校がちょと自分には合わないので来年は辞退の可能性が高いっす。
誰かやりません?お金はそこそこいいですよ。ある意味楽だと思うし。

posted by umoon at 16:46| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。