2005年08月15日

あさってから中国なんだけどさ・・・・。

小泉さん靖国にいってたらどうなったことやら。w
まぁ、それでもワタシャ行くんだけどね。>シャンハイ
posted by umoon at 23:18| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生徒さんの課題の本ってナニがいいですか?

アミューズメント学院ってトコのキャラクター学科というトコで教えてるんですよ。
教えてるって言ったって「ナニを?」ってな具合なんですが。

夏休み明けての最初の課題を本のイラストレーションにしようと思うのです。

どうもその教科の生徒さんは本のイラストレーション(それもジュニア文庫?とかいうのかな? ぶっちゃけヲタ臭い路線の小説の表紙とかの仕事。)希望が多いらしくて。
そんな訳で「電撃!」な感じのソレ系に偏るんすよ。絵柄が。(電撃って、雑誌のタイトルに”電撃PCエンジン”とかつく、そんな感じのちょと濃い路線の総称として勝手に命名。)
世の中、そんなんでもイイのかもしれないんだけど、それだけじゃなぁ・・・というワケで、も少し毛色の違うもにチャレンジして貰おうと言うわけで。

だからできればヲタ寄り路線じゃなくて(SFとかファンタジーとかBLとか学園恋愛じゃないもの)、すでに絵の印象が強くないもので(それに発送が引きずられちゃうから)、なにかないかな?と。

最初「坂の上の雲」とか思ったのですが、流石に全十数巻を読ませるのもなんなので、
もすこし短編にしようかと。
「山椒魚」とかどーかな?とも思ったけど、教科書っぽいかな?
今更プロレタリアート文学の「蟹工船」というのもどうかと思ったけど。
実は自分も蟹工船よんでないんだよね。w
中学生の時、タイトル聞いて”カニ光線”かと思ってたし。
「株でもうかるナントカ・・・・」みたいな実用書もちょと考えたりしました。

なにがいいんでしょうねぇ。
生徒が飽きずに読めるくらいで、挿絵が描き易いものって。

posted by umoon at 18:51| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平和って、普段は空気と同じで、ありがたみは感じないよね。ないと困るのに。

終戦じゃなくて”敗戦”なんだよね。ホントは。w

ちなみに同じ戦争でも勝ったほう(日露戦争)では”反省”とか
”反戦”とか”平和”とかあまり聞かないないですね。

やっぱり勝った方の戦争は「アリ」ということなんでしょうか・・・。

posted by umoon at 11:06| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いまふとおもった。

わたなべさんはどっちのわたなべさんだろう。
D3Dの? ギフの? 女性の?

混乱しててレス返してたかも。すいません。
posted by umoon at 10:32| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。