2005年08月05日

今日は暑かったのね・・・

今日は都内で打ち合わせ二件。

久々に神田・御茶ノ水なんて行ったよ。

これまた久々に楽器屋さんなんて覗いたよ。

小学生の時、親といった餃子専門店はまだ残ってた。
(位置が記憶に薄っすら残ってて、それを頼りに探したらあった。)

もう一件は、ほぼすんなりOKがでまして。
まぁ、オリジナルなんで、「違う!」とかはあまりないのですけど。
これだからオリジナルのお仕事は好き。


都内(神田)の古本屋に入る。

ロック系専門店らしく、それモノの雑誌が山に。
「おお〜!バーン創刊号から揃ってる!」
「VIVAロック、音楽専科、INROCK、買ってた、買ってた。」
「そうそう、ここ位まではFOLLSMATEはNEWWAVE系の雑誌だったよね。後のREMIXだよね。」
「うっ!アランまであるんだ。ここのディスクレビューは確かに最高だった!」
「DOLLもこの時期は買ってた。」
なんて、またまた懐古趣味モードに入りました。

思えば上記の雑誌のほかに、MLは基本として、PLAYER、ロッキンf、crossbeat(これは今も買ってる)も
買ってたワケで。(微妙に時期はずれたりしていますが。)
そりゃ、ロックに詳しくなるわけだわ。

当時、唯一はまらなかったのは、ロッキンオン。
だって、アーティストの情報より小難しい評論ばっかだったから、面白くなかったんす。
事実を元に記事を書くというより、記事書いてる人の思い入れや妄想の方が多かった印象も強いので、一層見なかった。(なんでそんな他人の思い入れをお金払って読むのかと。タダならまだしも。)


----------------------------以上、都内放浪ネタ。


そんでギター屋ですよ。
色々と知らないメーカーなんぞがあったりもするのですが、基本的にいまだに、80'sメタルな世界で、懐かしいやら。
まぁ、ギターは基本的に原始的な構造なんで、そんなに技術革新があるわけじゃないので目新しいことは無いのですが、唯一PODがギター本体をリリースしてることを始めてしりました。
PODはデジタルの力で、過去の名ギターアンプの回路構造や音響特性をシミュレーションして同様なテイストを与える夢ツールなんす。(小さなアンプからフェンダーツィンリバーブや、マーシャルJCM800やメイサーブギーの音がする。そんな音がするわけないのにするので、ちょと不気味な感じすらする。)

これをギター本体にもやったようで、シンプルなギターの癖に、過去の名器(オールドのギブソンやフェンダー等)の音がするそうで。
ちょっと「コレはやりすぎ?、ズル?」というような。
尤も試奏はしなかったので、どんな音がするかは謎で。
PODの時も、「まさか、そんな音しないでしょ?」と思って、本格的な音に驚いたので、このギターも意外とソレそのモノの音がしたりするのかな?

このPODのギターとアンプとエフェクター(これまたオールドの絶版エフェクターなどをデジタルでシミュレートしてる)があれば、ギター数本買うより場所もとらず、安くて便利なのかな?と思いました。
でもソレはソレで、ちょっと悲しい。
やっぱりギターは音だけの問題じゃないしね。

あっキーボードの中古であった、ローランドのSH101もちょといいなぁ・・・と思いました。(懐かしい)
posted by umoon at 23:04| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

memo

posted by umoon at 02:11| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。